リボ払いには特に計画的に

キャッシングをしているとちょっと返済が厳しいなという月があったりします。そんな時に便利なのがリボ払いにするということ。リボ払いとは一定の金額を設定し、それを月々支払っていくというものです。仮に1万円の返済金額を設定したとしたら、毎月1万円のお返済金額以上にはなりません。ですが、そこにリボ払いの怖さがあります。

5万円を借入しても、10万円を借入しても、毎月の返済額は1万円ですから借入額が増えているという感覚が無くなります。つまり、いくら借入をしても返済の負担を感じないのでついつい多くの金額を借入してしまい、気付いたらとんでもない金額になっていたという場合が多々あるようです。

また、リボ払いは借入した分どんどん金利が上乗せされていきますから、金利もどんどん増え、借りれば借りるほど返済額が少なくなってしまいます。返済額が少なくなるというのは、1万円のうち金利がいくら元本がいくらとなり、借入額が多くなるとどんどん元本の割合が減っていきます。そうなると、いつまで経っても返済が完了しなくなってしまいます。

もしもリボ払いの利用をした場合、借入額や月々の返済額はマメにチェックするようにしましょう。本当に返済が厳しい時などは便利なサービスではありますが、一度ツボにハマってしまうとなかなか抜け出せなくなってしまうので注意が必要です。

キャッシングのご利用は計画的に…というありきたりの言葉ではありませんが、特にリ払いは計画的に行うようにしましょう。

もしも計画的に運用する自信が無いならリボ払いの利用を控えた方がいいかもしれませんね。

Posted in 金融 | Leave a comment

あなたの年収はあなたの周りの友人の年収の平均値

あなたの年収はあなたの周りの友人の年収の平均値だと良く言われていますがその通りだと思います。

要は似た者同士がコミュニティを作るように世の中なっているんですね。
なのでもしあなたがお金持ちになりたければお金持ちの集団の中に身を置くことを考えたほうが良いのかもしれません。

ただ現状あなたがお金持ちじゃなくてもあなたを受け入れてくれるコミュニティがあるかという問題が生じますが。そしてまたそのコミュニティがあったとして、その人たちはお金を既に稼いでいます。でもあなたは稼いでいません。

そのコミュニティで支出するお金はかなり高くつくでしょう。
それにあなたが耐えられるかですね。

お金持ちはお金を使います。そして額も違います。
そんな時あなたはどうしますか?

もしもそのグループにいることでかなりの高確率でお金持ちになれるマインドや気付きがあるのなら私なら借金してでもそのコミュニティに食らい込んでいくでしょうね。

ピンと頭に来たら行動するのが私の人生の経験上「吉」ということはわかっていますから。
ただ付き合いのために借金をするとしても出来る限り優良業者から借金をしたいものです。

今すぐお金必要で紹介されているような会社なら問題ないでしょう。
銀行や銀行がバックボーンの消費者金融は安心できますからね。

あなたの年収はあなたの周りの友人の年収の平均値です。
ならばあなたはもし今よりも生活水準を上げたいのなら自分より低い人間と付き合うのではなく上の人と対等に付き合うことが大切です。

同じコミュニティにいても上下関係を作って下に見られたらおしまいです。
まぁなかなか難しいですがお金を生む場所はお金持ちが集まる場所だという事は覚えておいた方がイオでしょう。

Posted in 金融 | Leave a comment

残り一万円が借りられないワケ

今日はキャッシングされる方にとっての
大きな大きなあの謎について迫ってみたいと思います。

それは、「残りの一万円はなぜ借りれないのか?」
というものです。

これだけ読むと何のことか分からない方もいるかもしれませんね。

10万円の限度額で9万円借りたとしましょう。
この場合、残金はあと1万円あります。

しかし、多くの場合、このような借り方をしてしまうと、
残りの一万円が借りれなくなってしまう事態に陥ります。

このような経験、キャッシングされた方の中にはいらっしゃる方がいるかもしれません。

この理由は、

利息分も限度額の一部になっているからなんです。

つまり、10万円の限度額に対し9万円を借りた場合、
9万円+利息分ということになります。

結局、残額が1万円以上残っていない計算となってしまうのです。

借入の多くの場合、最低融資額が一万円からとなりますので、
残額が一万円を切ってしまえばもう借りれなくなってしまうという訳なんです。

なんとなくご理解頂けましたでしょうか?

このようなことにならない対処法としましては、
10万円の限度額の場合、9万円を借りるなら10万円を一気に借りてしまうことです。

後でこの一万円に泣くくらいなら、
思い切ってこの時点で借りておきましょう。

但し、お金を計画的に利用するという意味で、
この上乗せした一万円は財布には入れず、
どこかにヘソクリのようにして保管しておいて下さい。

あくまで、いざという時の為に保管しておくのです。
9万円で良かった訳ですからこれは出来るはずです。

今回は残り一万円が借りられないワケについて書いてみましたが、
如何でしたでしょうか?

あの謎の理由が分かったところで、
今日はおひらきにしようと思います。

また次回をお楽しみに!

Posted in 金融 | Leave a comment

お金を借りることへの抵抗感

一昔前のお金を借りるという行為に比べ、今ではお金を借りるということ自体に抵抗感が薄れていっている気がする。お金を借りるということは誰がどう見ても決して良いことではない。むしろ人からお金を借りるということは悪いことであると私は思う。

しかし、最近の経済不況によりその概念は崩れ去ろうとしている。
一億総中流と呼ばれたかつての日本は、貧富の差がほとんどなく、どの家庭でも旅行に行け、車がありそれなりの贅沢が出来た。しかし、時代は移り変わり、今の世の中の話題は年金問題だったり、消費税問題だったりお金に関することばかりだ。

少し前の日本の経済状況であれば、増税も年金もここまで大きく問題にならなかったのではないだろうか。いや、これまで羽振りが良かった日本だったからこそ、そういう問題を先送りにしていたのかもしれない。全く、政治家の無能振りがこんなところからも分かってしまう始末だ。

しかし、今のこの状況を嘆いてばかりいられない。今のこの時代に現役で生活しているのは私たちであって、かつての政治家たちではない。この局面にどう対応していくかは、今後の日本を占う上でも非常に重要なことだと思う。

そんな中、私は一つの抵抗感を取っ払ってみた。
それがお金を借りることへの抵抗感である。

これまではお金を借りることは恥ずかしいことだったが、
きっとこれから先もっと一般化していくことと思う。

いずれそうなるならば、早く対応出来るに越したことはない。

この「お金を借りれる」という特権をいかに生かすことが出来るか。
これがこの先生活していく上で非常に重要になってくるのではないかと思う。

日本はもっともっと格差社会になる。
この先、お金とどう付き合っていきそしてどう向きあっていくか本当に大事だと思う。

Posted in 金融 | Leave a comment

キャッシングの最も重要なコツ!

今日はキャッシングを利用する上で最も重要なコツをご紹介しましょう。

キャッシングのコツって一体なんだと思いますか?
借入審査の際の審査を通しやすくする方法とかそういうものではありません。

それよりももっと大事なものがあります。

それはお金を借りる上での心構えです。

こういう考え方をすればすぐに答えが出てくると思います。
キャッシングにおいてトラブルになる箇所といえばどこだと思いますか?

借りる時?
運用時?
返す時?

答えは当然返す時ですよね。

返済日になってお金が無く、返すことが出来ない。
そしてカードローン会社から催促の電話が来る。
最悪融資をストップされてしまう…ということになります。

ここだけ注意すればキャッシングは非常に便利なサービスなんです。

ではどういう心構えでいるべきなのか。

借りる時は常に返すことを想定し借りることです。
それさえしっかり出来ていればキャッシングでトラブルになることはありません。

これが出来ない人がキャッシングを利用すると、
一気にお金を引出し返せなかったり、返済する為に借りたり…ということになってしまいます。

そうではなく、あくまで返す想定の範囲内のものを借り返済日にキッチリと返す。

常に借りているんだという意識を忘れずにいることだと思います。

私としては、消費者金融からお金を借りているのではなく、
大切な友人から借りたお金なんだ…
だから期日にはしっかりと返さなければ…
という意識でいると、案外しっかりと運用することが出来ますよ。

借りる頻度も格段に少なくなりますしね。

ちょっとした意識の持ち方で全然分かってくるものなので、
キャッシングのコツとして是非使ってみて下さい。

一度でも返済トラブルを起こしてしまうと色々と面倒ですからね。
そこだけはしっかりと守るようにしましょう。

これこそがキャッシングをする上での重要なコツです!

Posted in 金融 | Leave a comment