お金を借りることへの抵抗感

一昔前のお金を借りるという行為に比べ、今ではお金を借りるということ自体に抵抗感が薄れていっている気がする。お金を借りるということは誰がどう見ても決して良いことではない。むしろ人からお金を借りるということは悪いことであると私は思う。

しかし、最近の経済不況によりその概念は崩れ去ろうとしている。
一億総中流と呼ばれたかつての日本は、貧富の差がほとんどなく、どの家庭でも旅行に行け、車がありそれなりの贅沢が出来た。しかし、時代は移り変わり、今の世の中の話題は年金問題だったり、消費税問題だったりお金に関することばかりだ。

少し前の日本の経済状況であれば、増税も年金もここまで大きく問題にならなかったのではないだろうか。いや、これまで羽振りが良かった日本だったからこそ、そういう問題を先送りにしていたのかもしれない。全く、政治家の無能振りがこんなところからも分かってしまう始末だ。

しかし、今のこの状況を嘆いてばかりいられない。今のこの時代に現役で生活しているのは私たちであって、かつての政治家たちではない。この局面にどう対応していくかは、今後の日本を占う上でも非常に重要なことだと思う。

そんな中、私は一つの抵抗感を取っ払ってみた。
それがお金を借りることへの抵抗感である。

これまではお金を借りることは恥ずかしいことだったが、
きっとこれから先もっと一般化していくことと思う。

いずれそうなるならば、早く対応出来るに越したことはない。

この「お金を借りれる」という特権をいかに生かすことが出来るか。
これがこの先生活していく上で非常に重要になってくるのではないかと思う。

日本はもっともっと格差社会になる。
この先、お金とどう付き合っていきそしてどう向きあっていくか本当に大事だと思う。

キャッシングの最も重要なコツ!

今日はキャッシングを利用する上で最も重要なコツをご紹介しましょう。

キャッシングのコツって一体なんだと思いますか?
借入審査の際の審査を通しやすくする方法とかそういうものではありません。

それよりももっと大事なものがあります。

それはお金を借りる上での心構えです。

こういう考え方をすればすぐに答えが出てくると思います。
キャッシングにおいてトラブルになる箇所といえばどこだと思いますか?

借りる時?
運用時?
返す時?

答えは当然返す時ですよね。

返済日になってお金が無く、返すことが出来ない。
そしてカードローン会社から催促の電話が来る。
最悪融資をストップされてしまう…ということになります。

ここだけ注意すればキャッシングは非常に便利なサービスなんです。

ではどういう心構えでいるべきなのか。

借りる時は常に返すことを想定し借りることです。
それさえしっかり出来ていればキャッシングでトラブルになることはありません。

これが出来ない人がキャッシングを利用すると、
一気にお金を引出し返せなかったり、返済する為に借りたり…ということになってしまいます。

そうではなく、あくまで返す想定の範囲内のものを借り返済日にキッチリと返す。

常に借りているんだという意識を忘れずにいることだと思います。

私としては、消費者金融からお金を借りているのではなく、
大切な友人から借りたお金なんだ…
だから期日にはしっかりと返さなければ…
という意識でいると、案外しっかりと運用することが出来ますよ。

借りる頻度も格段に少なくなりますしね。

ちょっとした意識の持ち方で全然分かってくるものなので、
キャッシングのコツとして是非使ってみて下さい。

一度でも返済トラブルを起こしてしまうと色々と面倒ですからね。
そこだけはしっかりと守るようにしましょう。

これこそがキャッシングをする上での重要なコツです!