残り一万円が借りられないワケ

今日はキャッシングされる方にとっての
大きな大きなあの謎について迫ってみたいと思います。

それは、「残りの一万円はなぜ借りれないのか?」
というものです。

これだけ読むと何のことか分からない方もいるかもしれませんね。

10万円の限度額で9万円借りたとしましょう。
この場合、残金はあと1万円あります。

しかし、多くの場合、このような借り方をしてしまうと、
残りの一万円が借りれなくなってしまう事態に陥ります。

このような経験、キャッシングされた方の中にはいらっしゃる方がいるかもしれません。

この理由は、

利息分も限度額の一部になっているからなんです。

つまり、10万円の限度額に対し9万円を借りた場合、
9万円+利息分ということになります。

結局、残額が1万円以上残っていない計算となってしまうのです。

借入の多くの場合、最低融資額が一万円からとなりますので、
残額が一万円を切ってしまえばもう借りれなくなってしまうという訳なんです。

なんとなくご理解頂けましたでしょうか?

このようなことにならない対処法としましては、
10万円の限度額の場合、9万円を借りるなら10万円を一気に借りてしまうことです。

後でこの一万円に泣くくらいなら、
思い切ってこの時点で借りておきましょう。

但し、お金を計画的に利用するという意味で、
この上乗せした一万円は財布には入れず、
どこかにヘソクリのようにして保管しておいて下さい。

あくまで、いざという時の為に保管しておくのです。
9万円で良かった訳ですからこれは出来るはずです。

今回は残り一万円が借りられないワケについて書いてみましたが、
如何でしたでしょうか?

あの謎の理由が分かったところで、
今日はおひらきにしようと思います。

また次回をお楽しみに!