リボ払いには特に計画的に

キャッシングをしているとちょっと返済が厳しいなという月があったりします。そんな時に便利なのがリボ払いにするということ。リボ払いとは一定の金額を設定し、それを月々支払っていくというものです。仮に1万円の返済金額を設定したとしたら、毎月1万円のお返済金額以上にはなりません。ですが、そこにリボ払いの怖さがあります。

5万円を借入しても、10万円を借入しても、毎月の返済額は1万円ですから借入額が増えているという感覚が無くなります。つまり、いくら借入をしても返済の負担を感じないのでついつい多くの金額を借入してしまい、気付いたらとんでもない金額になっていたという場合が多々あるようです。

また、リボ払いは借入した分どんどん金利が上乗せされていきますから、金利もどんどん増え、借りれば借りるほど返済額が少なくなってしまいます。返済額が少なくなるというのは、1万円のうち金利がいくら元本がいくらとなり、借入額が多くなるとどんどん元本の割合が減っていきます。そうなると、いつまで経っても返済が完了しなくなってしまいます。

もしもリボ払いの利用をした場合、借入額や月々の返済額はマメにチェックするようにしましょう。本当に返済が厳しい時などは便利なサービスではありますが、一度ツボにハマってしまうとなかなか抜け出せなくなってしまうので注意が必要です。

キャッシングのご利用は計画的に…というありきたりの言葉ではありませんが、特にリ払いは計画的に行うようにしましょう。

もしも計画的に運用する自信が無いならリボ払いの利用を控えた方がいいかもしれませんね。