カテゴリー別アーカイブ: 未分類

島が東野

高校生くらいの時、バターたっぷりの料理や砂糖を使いまくったケーキをひたすら食べている時に、学校の先生にバランス考えた食事しないと社会人になったら絶対に後悔するよ!とかガミガミ言われたものです。
ボンキュートオフィシャル
あん時は別にこれくらいたいしたことないじゃん、なんて思って深く考えませんでしたが、現実的に自分がこの歳になってだいぶ前に言われたその言葉の意味みたいなのが、認識できるようになりました。
少し前はすごい量の食べ物を摂取しても太らないことをガンガン周りに自慢していたのに、気付いたら腹回りがデブり、贔屓にしていたTシャツがサイズ違いなってきてしまいました。
そんな嫌な経験って体験したことありますよね?そんなシチュエーションだとまず心に浮かぶのは、とどのつまりトレーニングをしないと!てな感じのことかと思います。
しかし本当にトレーニングをしようと一時は気を引き締めても、何かにかこつけてからきし実行することができず、自分自身にイライラしちゃうんですよね。
そないなことで私だけではどうにもならない!てなことでジムに通うことにしたんです。するとこいつが著しく奏功したんですよ!
トレーナーの人に適当なダイエット方法を教えてもらえるので、ムリをせずに通うことができ、何より身体の変化っていう成功体験がガチで気持ち良かったですね!
日々の生活でも体に良い食生活を心がけるようになり、長い間日ごとラーメンか竜田揚げばかりバクバク食っていた自分が全然考えることができません。
運動をすることでがっつり疲れてすぐに深い睡眠につくことができ、根気よく何かを持続する癖もつき、ちょい前からは余裕がある時なんかはベジタブル中心の自炊にもトライしています。
どんなことをするにもヒューマンボディが肝心ですからやはり運動と食べ物には気にかけろ、ってことですよね!ちょっと最近体重が気になる…という方は自分のカラダのこと、熟思してあげてくださいね!

弔問客の常識

訃報が届いた場合、故人との生前のつきあいがあれば、その程度にもよりますが、都合がなければ基本的に最後のお別れに行くのが常識です。
訃報は突然入ってくるケースも多いものです。予定が変更可能なものであれば、通夜か告別式かどちらかには出席するようにしましょう。
予定変更に際して、もっとも迷うケースが、慶事と弔事が重なってしまったときです。この場合、原則としては弔事を優先します。ただし、身内の結婚式と会社や仕事関係の弔事であれば、身内の結婚式を優先して構わないでしょう。とはいえ、この場合でも、弔事関係の知人には出席できないことをぼかして伝えるのがいいでしょう。
また、本人が出産間近という時や病気療養中というような場合は、弔電だけにとどめておいて構いません。この場合も、特に理由を述べなくても失礼ではありません。
人によっては、故人にお別れは告げたいけれども、宗教上やその他の理由で焼香できない(したくない)という場合もあるでしょう。そんな場合にも欠席して弔電にとどめておきましょう。
近年は告別式よりも通夜の方に弔問客が多くなっていく傾向にあります。
通夜に出席すると、弔問客に対する謝意で通夜ぶるまいが用意されています。死の穢(けが)れを清める意味でアルコール類も出されます。当然のことですが、宴会ではありませんから、飲みすぎないのは最低限のエチケットです。

お金のかかるこんな時こそ

冬ってお金がかかりますよね…。
洋服も冬服って高いですし、飲み会なんかも年末のシーズンはすごく多くなりますし、恋人なんかいると更にクリスマスとかお金かかりますよね…。
ご家庭をお持ちだともっとかかるかもしれませんね。

他にも、細かいことを言えば暖房器具なんかで灯油代だったり、エアコンを使っている人であれば電気代もバカになりません。車を乗っている人なら冬用タイヤを買ったり、夏だったりのんびり歩いていけるところを寒すぎてタクシーの乗ったり…とにかく冬はものすごくお金がかかる季節です。

世界的に見ても寒い季節のあるところに先進国がある反面、南国では途上国が多いです。日本で見ても沖縄の人は時間にルーズだったり、同じ日本人でも本州の人よりはやっぱりどこかのんびりしてるイメージがありませんか?

もしかしたら、お金を必要とする寒い季節があるからこそ経済的に発展するのかもしれませんね…。

そんなお金のかかる冬、本当にお金が無いとしたらどのように過ごしますか?

給料だけでは足りない…という方がほとんどだと思います。

ボーナスとか出れば大丈夫だと思いますが、世の中の働いている人全てがボーナスを貰えている訳ではありませんからね…。

そんな時にはやっぱりキャッシングを利用するのが一番だと思います。

結局最もお金を使うのって12月の半ばから1月の前半くらいだと思うので、その期間だけお金があれば問題ない訳です。そこの期間だけキャッシングをして、借りた分はそれ以降に返済すれば割りと有意義に年末年始を過ごすことが出来ますよ!

私もここ近年そんな感じで年末年始を過ごしています。

2~3月で実はあまりお金も使わないので、その方が計画的と言えると思いませんか?

お金のかかるこんな時こそキャッシングを利用しましょう!